「コンサルタントの支援は実際に役に立つのか」こうした疑問をお持ちの企業関係者も多いかと思います。

 

コンサルタントの最大の役割は、自社内だけでは気づかない社内の強みを引き出すことです。ほとんどの企業は何らかの強みを持っているからこそ、経営を続けることができています。

 

しかし、当事者になればなるほど自社の強みよりも弱みに目がいきがちです。もちろん弱みを克服していくことも重要ですが、その過程で自社の強みを損ねてしまっては本末転倒です。

 

第三者の立場から企業のと強みと弱みを客観的に整理し、貴社の皆様と一緒に今後の方向性を見出していくことが、私の役割と信じてコンサルティング活動を行っています。

 

得意領域は「利益向上」と「生産システム活用」です。お悩みがあれば気軽にお問い合わせください。

 

 

 お問い合わせ

お知らせ


★新刊本『誰も教えてくれない「工場の損益管理」の疑問-そのカイゼン活動で儲けが出ていますか?-)』を出版しました。著者割引を希望の方は下記申込書で手配してください。

 http://homma-consul.sakura.ne.jp/soneki-tokka.pdf